<< 前の記事
次の記事 >>
2016年11月02日(水)
乳歯から永久歯へ
こんにちは、院長の近藤です。
 
 
日に日に秋が深まり、紅葉が鮮やかになってまいりました。
11月頃には、七五三の御祝いで千歳飴を持った可愛い晴れ姿を見かけることも多く、
とても微笑ましい気持ちになりますね。
 
この年頃の子どもたちは、素敵な笑顔の晴れ姿で記念写真を撮ると前歯が抜けた状態に
なっていたりして、なんとも滑稽に思えると共に、大きくなっていく子どもの成長を
実感することが出来ます。
 
さて、歯の生え変わりは個人差もありますが、一般的には6歳頃から始まり
13歳頃には永久歯が揃うと言われています。
 
この頃の歯の状態は、生え変わりのため歯がグラグラしていたり、かみ合わせが
不安定な事が多いです。
そのため、汚れがたまりやすく歯磨きがしづらい時期でもあります。
また、乳歯や生えたての永久歯は表面がもろく、大人の歯よりも虫歯になりやすい上に
進行が早いという特徴があります。
 
食べた後は歯磨きをする習慣をつけさせるとともに、1人でしっかり歯磨きができるようになるまでは
仕上げ磨きなど、ご家族によるケアが大切です。
この時期にケアを怠ってしまうと、せっかく大人の歯が生えてきても健康な歯にはなれません。
 
お口の成長もしっかり見守ってあげることで、お子様は歯並びの良い、
健康な歯が生え揃うのではないでしょうか。
 
そして、その歯をお年寄りになるまでしっかり維持することができたら、とても素晴らしいことですね。
不安な事や気になることがあったら、ぜひ歯医者さんにご相談ください。
院長 近藤
 
<< 前の記事
次の記事 >>