2016年06月27日(月)

こんにちは。飯野歯科です。

うちに誕生したイモリは、アカハライモリです。

黒いお腹に、赤色のだんだら模様があるのです。

普通は、清流の流れる川に住んでいます。我が家では、2階のベランダの水槽の中にいます。たいして水替えもしないし、ぶくぶく酸素も入れていないのに、たくさんの水藻から酸素が供給されているのか元気で長生きです。

若い頃は、4~5月頃に200くらいの卵を藻に絡みつけて産んでいました。卵はたいてい孵化するのですが、育つのが大変。捕食が難しく、ほとんど死んでしまいます。今は、10~20個産んだらアッパレ!です。

うちでは、卵を産むようになってから20年くらいになるでしょうか?大人まで育ったのは、たった1匹。今回見つかった赤ちゃんも、ちゃんと育ちますように。

 

左の子供イモリまで育てば、もう大丈夫! 2年くらいで右の大人に育ちます。

今はまだ赤ちゃんなので、ウーパールーパーのようにヒラヒラのエラがついていますよ。でも、小さな指は、前4本、後ろ5本ついてます。あれ?4本かな?

       飯野新太郎

 

 

2016年06月27日(月)

こんにちは!飯野歯科です。

\(^o^)/嬉しいことがありました。29年飼っているイモリが産んだ卵から赤ちゃんが産まれていました!!

赤ちゃんの性別はわかりませんが、大人のオス1匹、メス2匹を飼っている水槽の水替えをしたら、底にうごめく物が!!!あ~~~、産まれてたんだ!!!

29年経っても、まだ卵を産む~~!!!スゴイ!!!

 

左の写真が赤ちゃんです。2センチくらいに育っていました。このまま親と一緒にしておくと、食べられてしまうので別の水槽に移します。別の水槽には、3年前に卵からかえって大きくなったイモリがいたので、彼は今回、親イモリと同居させることになりました。というわけで、大人のイモリは、オス2匹、メス2匹になりました。

イモリって、何年生きるんだろう?

共食いして、足1本失くしても、生えてくるんですよ!!

すごい原始的生物です。

次も、イモリの話をさせてくださいね。

      院長 飯野新太郎

 

 

 

2016年06月19日(日)

皆さんこんにちは! 平針南の飯野歯科です。

今日は父の日!

皆さんはどんな父の日を過ごされたでしょうか?\(^o^)/

私は、やっぱり漁師に早変わり!楽しい一日を過ごさせてもらいました。

 

相変わらずの満面の笑み!!マダカと鯛を釣りました。

さばいて、妻のお父さんへお届けします。私からのプレゼント。趣味と実益を兼ねております。へへ

 

私は、子供たちから父の日メールをもらい、好きな缶コーヒーをプレゼントにもらい~

『体に気を付けて、まだまだ頑張るぞ!』と、返事しました。

母の日よりも認知度の低い父の日ですが、子供たちから一言、感謝の言葉や、ねぎらいの言葉をもらうと、ジーンとしてしまうんですよ。年々、涙もろくなっちゃってね。

皆さんの父の日の話を聞かせてくださいね。

           飯野新太郎

 

2016年06月18日(土)

こんにちは。飯野歯科院長、飯野新太郎です。

6月は虫歯予防デーの時期で、学校の歯科健診も始まっています。

飯野歯科は、昭和40年父の時代から親子2代で、名古屋あかつき幼稚園の園医をさせていただいています。

現在は、名古屋あかつき幼稚園、和合あかつき幼稚園の歯科健診に伺っています。

健診には、名古屋デンタル衛生士学院の学生が、実習の一環として来てくれます。

可愛い学生たちのニコニコの笑顔で、園児の皆さんもリラックス!

 

 

 用意したフッ素を塗って、ハイよくできました!

歯医者の先生だけだと、後ずさりしちゃう園児さんたちも、可愛い衛生士さんに見つめられると…ふふふ…頑張れちゃうんですよ。女子パワーってすごいなぁと、いつも感心しているんです。

園児時代の乳歯を虫歯にしない事は、将来生え変わる永久歯を守るために大切です。

定期的に、歯科健診とフッ素塗布を続けてくださいね。

飯野歯科

 

2016年06月18日(土)

本日18日(土曜日)は、全国歯科衛生士協議会出席のため、休診させていただきます。

よろしくお願いいたします。