<< 前の記事
次の記事 >>
2018年02月03日(土)
30年2月です。

こんにちは。平針南の飯野歯科です。

毎日寒い日が続きますね。

ついに!!9日から25日までの17日間、4年に一度の冬季オリンピックが開催されます!

 

今回は日本と時差のない韓国での開催ですので、地球の裏側で開催されたリオオリンピックよりもリアルタイムでの応援がしやすそうですね。

とっても楽しみです。

 

 

さて、冬季オリンピックの華といえばやっぱりフィギュアスケート!

今回、女子の出場枠が3枠から2枠へと減り、昨年末の日本選手権でのし烈な試合の結果、

宮原知子選手と坂本花織選手が選ばれたことは大きな話題となりました。

 

 

 

実はこのお二人、共通点があるのです。

それは…お二人とも歯列矯正をされているということ。

 

 

宮本選手はすでに治療を終え、器具は外されていますが、坂本選手は全日本選手権でも矯正器具を付けたまま演技を披露していましたので、テレビなどで観戦された方はお気づきだったのではないでしょうか。

フィギュアスケート選手では、この他にも宇野昌磨選手他、多くの選手が矯正治療をされているそうです。

 

歯列矯正で歯並びが良くなると、体のゆがみが矯正され、体のバランス感覚や歯を食いしばった時の力のこもり方などが良くなります。フィギュアスケートでは回転やジャンプをするときなどは力一杯噛み締めているでしょうし、バランス感覚が重要な競技であることも想像に難くないですね。

また、顔のゆがみも矯正されますので、美しさも大きな要素になるフィギュアスケート選手に矯正治療を受けている方が多いのも納得できます。

 

競技の厳しい練習だけではなく、身体のすみずみにまで気を配っている選手たち。

最高の舞台で、最高の力を発揮してほしいですね!

 

飯野歯科院長 飯野新太郎

<< 前の記事
次の記事 >>