<< 前の記事
次の記事 >>
2013年10月23日(水)
歯ブラシ指導

10/22(火)10:00~

養護の奥村先生の指導のもと、歯ブラシの仕方についてお話をするため

北区立十条台小学校へ行ってきました。

 

小学校4年生を対象としたブラッシング指導を行いました。

4年生はまだ永久歯への生え変わりの時期で1人1人磨けている場所が

違うため、その子個人にあった磨き方が大切でした。

咀嚼力の検査もしましたが、混合歯列時期は噛みにくそうでした。

顎の発達途中なため、今のうちからしっかり噛む練習をしていく必要を

感じました。しっかりと噛み、消化しやすくすることも重要です。

今回学校で保健指導を行ってみて、磨いている時間が短い子供が多かった

ので、長く磨くことの大切さを指導していきたいと思いました。

             上十条歯科 歯科衛生士   多田

 

 

小学校4年生の歯ブラシ指導をしに十条台小学校へ行ってきました。

最初にみんなで噛むことの大切さを勉強し、その後自分自身で歯を

赤く染め出しをして歯ブラシの当たっていないところのチェックを

しました。

全然染まらない子もいれば真っ赤になる子もいて、口腔内の状況は

それぞれ違っていました。その後私たち歯科衛生士で正しい歯ブラシの

当て方を指導しました。

子供の歯から大人の歯へと生え変わる重要な時期なので、虫歯にならないよう

勉強した磨き方でしっかり歯ブラシしましょう!

上十条歯科でも歯ブラシ指導を行っているので、分からないことがあれば

聞いてくださいね!

               上十条歯科 歯科衛生士   浅石 

 

<< 前の記事
次の記事 >>