2016年1月の記事INDEX
2016年01月11日(月)

みなさん こんにちは!

北朝鮮で水爆実験?なんて年明け早々物騒な話題が飛び込んできました。今年こそ平和でいてほしいものです。

1月10日、東京で勉強会があり出席してきました。歯周病、インプラント、歯科矯正、被せ物などなど歯科における

あらゆるジャンルからの話題提供で面白かったです。早速診療にとりいれていきたいと思ってます。

会場は虎ノ門ヒルズ

 

 

 

 

2016年01月05日(火)

 
1月5日(火)より診療します。
 
1月10日(日)は東京で米国歯科大学院同窓会セミナーがあり
前日より行きますので、1月9日(土)は16時までの診療です。
 
1月23日(土)はアクトでセミナーに参加します。(診療は通常通り)

2016年01月05日(火)
 
明けましておめでとうございます。院長の大林です。
皆様、お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか。
 
本年も大林歯科医院スタッフ一同、皆様のお口の健康の
お手伝いをさせていただきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
2016年の干支は申(サル)ですね。
サルといえば、歯の本数が人間と同じ32本です。
また、サルにも人間と同じく虫歯や歯周病、歯肉炎といった病気が存在します。
 
しかも野生のサルよりも、動物園などで飼育されているサルの方が
虫歯や歯周病にかかっている確率が高いと言われています。
 
その違いは食べ物。
飼育されているサルは軟らかく加工されているものを食べているため、
歯垢がつきやすく、ケアが必要な口の状態になっています。
 
一方、野生のサルは木の実や果実など、繊維質を多く含んだ硬い物を食べています。
硬い物をよく噛むことで、歯についた汚れを落としたり、唾液の量が増えるので、
野生のサルの口の中は虫歯になりにくい環境になっているのです。
 
毎日の食生活やケアに気を配ることで、歯の健康も保たれることは動物も人間も同じこと。
新年、気持ちの良い一年のスタートとして、お口のチェックにぜひご来院ください。
今年も皆様にとって“ウキウキ”した楽しい一年になりますように。
 
院長 大林