2014年10月の記事INDEX
2014年10月23日(木)

 

こんにちは!

10月22日まで千葉の幕張で学会があり、参加してきました。あいにくの雨で少し冷え込んでましたが、

会場は熱気でムンムン。全国からの先生はもとよりアジア、アメリカ、英国他のヨーロッパからの参加も

ありました。矯正歯科を中心とした議題が多かったのは当然ですが、一部皆さんにご紹介いたします。

最近は昔に比べて食べ物が柔らかいとか、あまり咬まないことで顎が小さくなって歯並びが悪いと言われますが

実際にラットを使った動物実験でA・粉食だけを与える、B・固形食を与えるの二種類でやったところ、顎の関節の成長、顎の骨の長さ、骨の厚みいずれもBラットのほうがAを上回ったそうです。

人間にあてはめても言えそうですね。

もう一つ演再生医療に関する演題をご紹介。

歯胚・・・つまりこれから歯になろうとするいわば歯のタマゴ・・・をある種のひもで真ん中をくくると将来一本の歯が二本誕生するという画期的なお話。たとえばまだ早期の親知らずをその方法によって一本から複数発生させ他の歯が大人になってから失われた時移植するという夢のような話です。

イモリの未分化の胚から2匹のイモリを誕生させることができますし、ヒトで言えば双子がその例です。

こういった研究が競って行われていることを知りました。楽しみですね。

 

 

 

 

 

2014年10月10日(金)

みなさん こんにちは!

またまた大型の台風が日本に接近してきてますね。この前浜松に上陸して静岡県や関東地方に大きな傷跡を残したばかりなのにえらい事です。日本近海太平洋の海水温度が高いのと偏西風の影響だそうですね。

さて10月9日はアクトシティーコングレスホールで感染対策に関するセミナーがあり参加しました。

講師の先生は新聞テレビでおなじみの浜松医療センター感染症内科の矢野邦夫先生です。

一般の方にもわかりやすい内容をご紹介します。インフルエンザは飛沫感染のため患者から2メートル以上離れていれば移らない。アメリカから香港経由で中国に旅行した客30人(中国国内をバスで移動)のなかで会話を2分、2メートル未満の人は16人感染し、そのうち9人が発症、一方会話をしてない方は14人感染発症者0だったそうです。これにはバスの換気が悪い事も原因していたそうです。

妊婦にはインフルエンザワクチンを接種しないほうが良いとおもわれがちですが、これは誤りでするべきだそうです。これには妊婦は重症化しやすい事や胎児の神経系は熱に弱いからだそうです。

古くなった水を飲む方はないですが冷蔵庫の中の氷は平気で使われていて抵抗力のない方には危ない。またシャンプーの詰め替えは一度洗って乾燥させた容器に入れる事、つぎ足しすると緑膿菌だらけになって抵抗力の落ちている人には危険だそうです。(CDCのガイドラインから)

*CDC:アメリカ疾病予防管理センターの略

 

 

 

2014年10月07日(火)

 

臨時休診のお知らせ

10月21日(火)・22日(水) 学会のため 休診します。

10月23日(木) 1歳半の乳児歯科検診のため 午後休診します。

10月23日(木)は通常休診日ですが、午前中は診療します。

 

HPのネットからの予約も受け付けています。

是非ご利用ください。

 

 

学会・セミナー出席のお知らせ

10月 9 日(木) 夜 感染症対策講習会

10月21日(火)・22日(水) 日本矯正歯科学会

10月26日(日) 昼  市民公開講座 プレスタワー

 

 

FAX番号が新しくなりました

新型複写機を導入しましたので、FAX番号が新しくなりました。

FAX:053-544-4560

 

 

歯科衛生士・歯科助手募集中です

正規・パート・アルバイト募集中です。

年齢は問いません。

ご一報下さい。