2016年12月の記事INDEX
2016年12月26日(月)

12月30日(金)から1月3日(火)まで休診いたします。
※12月29日(木)午前のみの診療です。
 
1月8日(日)は米国歯学部大学院同窓会に参加いたします。

2016年12月26日(月)
院長の大林です。
 
皆様、今年は大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
これから迎えるお正月の準備で一段とお忙しくお過ごしのことと思います。
 
普段は忙しくて時間が合わず、みんなで食卓を囲むことが難しいご家庭も
新年を迎える時期は家族揃って食事をする機会が増えることと思います。
 
お正月に家族と食べるものと言えば「おせち料理」。
おせち料理には、それぞれに縁起の良い意味合いがあり、
また歯に良いとされる栄養素が含まれている料理もあります。
 
たとえば、鮮やかな赤色でおせち料理を彩る「エビ」は、茹でると
お年寄りのように腰が曲がる様子にちなんで長寿の願いが込められています。
そしてエビの殻や尻尾には、歯や骨を丈夫にするカルシウムが豊富に含まれます。
 
「たたきごぼう」などの料理で食べられる「ゴボウ」は、地中深くにしっかりと根を張る様子から
細く長く堅実に家が続くことを願い、縁起の良い食材としてよく用いられます。
ごぼうをはじめ食物繊維が多い食品は、噛むことにより歯の表面の掃除にもなり、
唾液もたくさん出ます。
 
他にも五穀豊穣を願う「田作り」や、「よろこぶ」に通じて縁起が良い「昆布巻き」も
ビタミンやミネラルを多く含んでいます。
 
このように、お正月に何気なく食べていたおせち料理ですが、縁起が良いだけでなく
歯の健康に繋がる食材が自然に摂り入れられていたんですね。
 
そんなおせち料理、是非ともご家族で美味しく味わっていただけたらと思います。
そして美味しい物を味わった後は歯みがきを忘れずに。
 
2017年もどうぞよろしくお願いします。
                                        院長 大林
2016年12月19日(月)

みなさん こんにちは!

今年も残すところ10日余りとなりました。忙しい日々を送られていることと思います。またインフルエンザも流行っていて少し心配なところです。

さて私は 名古屋で東海4県の会議(医師歯科医師の会)に出席し、また名古屋大学法学部教授・愛敬先生による日本国憲法の勉強会も聴講してまいりました。

その後名古屋駅近くの中華料理屋さんで忘年会に顔を出してきました。年の瀬ということからか名古屋駅も街中も電車も混んでにぎやかでした。

 


 

 

名古屋の夜景

2016年12月13日(火)

みなさん こんにちは! 

いよいよ師走。寒さも増してきました。春が待ち遠しいです、でもこれからが冬本番 寒さに負けず自分のペースで駆け抜けようと思います。

さて先月は中盤から後半にかけて講演会やシンポジウムが相次いでありました。

 東京国際フォーラムで開かれたモリタの100周年記念シンポジウムでは「口腔のケアが全身疾患を救う」というタイトルで医師、歯科医師、研究者や大学教授がそれぞれの立場から発表されました。特別講演としては女子サッカー界のレジェンド・澤穂希さんが日大の川良教授との対談をされ興味深いものでした。

印象に残ったところではなでしこジャパンの選手はみな健康意識が強く、試合で最大のパフォーマンスを果たすために日頃から口や歯の手入れを欠かさず 定期的にかかりつけの歯科医院でチェックを受けている事、予防処置や試合中のマウスガード(試合中ケガから口を保護する装置)に気を使っている などでした。

一歯科医師としては 国を代表するような一流のスポーツ選手になると口腔のケアも怠りないことを知りうれしく思いました。


  会場となった東京国際フォーラム


 

 

川良教授と澤穂希さん