2016年1月の記事INDEX
2016年01月28日(木)

 

こんにちは、院長の西川です。

 

鬼はそと、福は内!

2月3日は節分。

掛け声とともに鬼に向かって豆をまくことで、災いを追い払うと言われていますね。

  

豆をまく理由には諸説ありますが、そのひとつに

“魔(=鬼)の目”に豆をぶつけて“魔を滅する”という語呂合わせもあるようです。

 

豆まきには大豆が用いられる事が多いですが、

大豆には良質なタンパク質やカルシウム、ビタミンEなどが豊富に含まれています。

タンパク質は、歯を構成するのに必要不可欠な栄養素です。

さらに大豆に含まれる「大豆イソフラボン」と呼ばれる成分には、

骨密度の低下を抑える働きがあり、歯を支えている「歯槽骨」や「顎骨」の健康維持にも

効果があると言われています。

 

お豆腐や厚揚げ、納豆や煮物など、積極的に摂っていきたい食材ですね。

丈夫で健康な歯を維持するためには、毎日の食事はもちろん、

定期メンテナンスも欠かせません。

クリーニングや口内のチェックなど、ご来院お待ちしております。

 

                                            院長 西川

2016年01月05日(火)
 
明けましておめでとうございます。院長の西川です。
皆様、お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか。
 
本年も西川歯科医院スタッフ一同、皆様のお口の健康の
お手伝いをさせていただきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
2016年の干支は申(サル)ですね。
サルといえば、歯の本数が人間と同じ32本です。
また、サルにも人間と同じく虫歯や歯周病、歯肉炎といった病気が存在します。
 
しかも野生のサルよりも、動物園などで飼育されているサルの方が
虫歯や歯周病にかかっている確率が高いと言われています。
 
その違いは食べ物。
飼育されているサルは軟らかく加工されているものを食べているため、
歯垢がつきやすく、ケアが必要な口の状態になっています。
 
一方、野生のサルは木の実や果実など、繊維質を多く含んだ硬い物を食べています。
硬い物をよく噛むことで、歯についた汚れを落としたり、唾液の量が増えるので、
野生のサルの口の中は虫歯になりにくい環境になっているのです。
 
毎日の食生活やケアに気を配ることで、歯の健康も保たれることは動物も人間も同じこと。
新年、気持ちの良い一年のスタートとして、お口のチェックにぜひご来院ください。
今年も皆様にとって“ウキウキ”した楽しい一年になりますように。
 
                                         院長 西川