2016年4月の記事INDEX
2016年04月19日(火)

湯浅歯科医院の湯浅由崇です。

 

日曜日は名古屋へMODEAセミナーに参加してきました。

朝から台風みたいに風が強く電車が予定通り動くか心配していましたが

 

 

 

電車の遅れもなく無事に会場に到着。

 

 

同じ和歌山市内で開業されている内藤先生のお話は本当にいい刺激になりました。

また、新しいトピックスとして金属を使わない新素材の補綴は僕が目指しているメタルフリーの診療と合致しており、非常に興味を持つ内容でした。

今後は当院の導入も検討していきたいです。

 

 

そして

 

 

講習会の後はいつもの

 

 

自分へのご褒美のラーメンです。

 

 

2016年04月14日(木)

「なぜ歯石を取らないといけないの?」

と患者さんから質問があったのでこの場で回答します。

(※もちろん質問された患者さんにはちゃんとその場で説明させていただきしました。)

 

歯石が歯周病の直接の原因になる・・・・・

 

・・・・・・

 

なんてことは、ありません!

歯石自体は体に何の害も及ぼしません!

 

 

では、なぜ歯石を取る必要があるのでしょう?

 

 

歯石の表面は非常にザラザラしているのでバイキンの住処になりやすく、そのバイキンが歯周病や口臭の原因になるからなのです。

だから理論上歯石の表面を完璧に綺麗にできたら歯石を取る必要はないのです。

でも、それって理論上であって現実問題として不可能ですよね。

 

 

例えば、こういうザラザラした壁にこびり付いた汚れを綺麗にするのと

 

 

 

こういうツルっとしたタイルを掃除するのではかかる時間も労力も全然違いますよね?

 

 

 

歯石を取る主な目的もそこにあります。

歯石、着色、場合によっては歯並びや被せものetc

患者さん自身の手で掃除しやすい口腔環境を整えてあげる事が歯周病の予防につながります。

 

2016年04月02日(土)

こんにちは、湯浅歯科医院です。

日ごとに日差しが暖かく感じられるようになり、お城の桜はもう満開です。

当院も本日午後からはお花見です。

 

 

4月と言えば新しい年度の始まり。

ピカピカのランドセルを嬉しそうに背負っている一年生を見かけると、微笑ましくなりますね。

 

4月から新しい環境に移る方も多いと思います。

初対面で人の印象を決めるのに大切なことと言えば、やはり清潔感。

普段あまり気にされていない方もいらっしゃるかと思いますが、

きれいな白い歯や爽やかな息は、

印象を良くするために、とても大事なポイントです。

 

一般的にコーヒー、紅茶、緑茶、烏龍茶は、

歯にステイン(色素)がつきやすい飲み物と言われています。

着色を防止するためには、長時間これらの飲み物を口の中に滞留させないことが重要。

飲んだ後には歯磨きやうがいをしたり、ガムを噛んだりすることで、ステイン汚れを防ぎましょう。

 

また、口臭の原因は、大人の80%はかかっているという歯周病や虫歯、

舌の上についた舌苔(ぜったい)によるものが考えられます。

歯と歯の間の食べ残しは、歯周病や虫歯へつながり、口臭を発するので

デンタルフロスを使う習慣をつけると、防止につながります。

舌は、歯ブラシで磨くと傷をつけてしまう恐れがあるので、舌用のブラシを使って磨くことをお薦めします。

 

詳しいケアの方法については、是非当院へお越しの際にご相談ください。

キレイな口腔環境で爽やかな季節を迎えましょう。                              

 

院長 湯浅 泰彰