2015年02月23日(月)
こんにちは
 
今日は「おから」を使ったヘルシークッキーをご紹介します。
おからは豆乳のしぼりかすですが、歯や骨を作るカルシウムをはじめ、食物繊維やたんぱく質、炭水化物、カリウムなどを豊富に含む健康食品です。
その上、ザクザクとした歯ごたえたっぷりのクッキーなので、唾液の分泌量もアップ!
お口の健康にとっても良いおやつです♪
 
~今日のおやつは「おからクッキー」♪~
【材料】生おから100g、薄力粉100g、砂糖50g、バター40g
①全ての材料をボールに入れてよく混ぜ、ひとまとめにする。
(この時、お好みで黒ごまやナッツ類を入れても◎)
②綿棒で5㎜程度の厚さに平らに伸ばし、正方形などの食べやすい大きさに
カットする。
③オーブントースターで10分程度焼いて出来上がり!
簡単!安い!ヘルシー!な「おからクッキー」、ぜひ作ってみてくださいね♪
2015年02月16日(月)

こんにちは。

今日は本を紹介します。

 歯磨きもせず、甘い物をたくさん食べて、虫歯になってしまった「たっちゃん」。
お母さんと歯医者さんに行きますが、口を閉じてしまって、治療は中断してしまいます。
そのうち、夜中にズキンズキンと痛み出して・・・。
さて、「たっちゃん」の歯はどうなるのでしょう?
日常のドラマを描いたお話しに、子どもたちも共感できると思いますよ
「歯みがきは絶対しなきゃ」と思える本です

2015年02月09日(月)

こんにちは

今日は唾液の臭いについてお話します。


唾液が臭いというのは、歯周病や磨き残しなどが原因として考えられます。
お口の中にある唾液腺というところから出る唾液は、本来、無色透明で粘りも臭いもないものです。
ところが、歯周病などにより歯ぐきから出血があったり、普段のブラッシングが不十分で食べカスがお口に残ったままですと、血液や汚れが唾液と混ざりあって、臭い唾液となってしまうのです。
血や膿などの汚れが多く混じっている唾液は、黄白色のにごった色をしていることも・・・。
唾液が臭いということはお口の中の衛生環境が悪いということなのです。
自分の唾液をチェックして、臭いと感じたらお口の環境を見直すチャンス
普段のブラッシングをもっと丁寧に行ったり、デンタルフロスを利用するのものいいですね。
でも、歯茎に炎症や出血があったり、歯石がこびりついて入るような場合は、歯科医院で治療することが必要です。
「唾液が臭いな」は口腔内の病気を軽いうちに治せる大切なサインです。
時々、ご自分の唾液をチェックしてみてくださいね

2015年02月02日(月)

こんにちは

今日は口臭のお話です。

 

「おじいちゃん、おくちくさーい!」と小さなお孫さんに言われ苦笑するおじいちゃん・・・そんなCMが以前ありましたね。
可愛い孫に口臭を指摘されれば多少なりともショックですし、口臭が原因で嫌われたくないものですね。

そんな困った口臭ですが、なぜ歳をとると口臭が酷くなるのでしょうか?
それは、加齢による生体機能の低下です。
なかでも大きな原因は、唾液の分泌量が減ること
人は年をとるにつれ分泌できる唾液の量が減少していきます。
加えて、歯が減って噛む力が弱くなることでも唾液が減少します。
唾液が減るとお口の中が乾燥しやすくなり、口臭の元となる揮発性硫黄化合物を作り出す嫌気性細菌が増えやすくなり、あのイヤな臭いを発生させてしまうのです。
また、全身の衰えから胃腸や肝臓などの内蔵機能が低下することで口臭が強くなることも。
加齢からくる口臭予防には、唾液を増やして口の中に潤いを保つことが大切です。

 

★唾液を出すトレーニングをしてみましょう★
水分をシッカリ補給すること、お食事は良く噛んで食べることは基本ですが、手軽にできるトレーニング方法もご紹介します。
気がついた時にいつでもできるので継続しやすいですよ!
口をあけて舌を前に突出し上下左右に動かしたり、お口のなかを舌でぐるぐる舐め回したり、頬を内側から押してふくらませてみてください。
唾液がどんどん出てきませんか?
口臭が気になるという方は、大切な人に嫌われる前に口臭対策をしておきましょう!