2017年02月25日(土)

皆様、こんにちは

本日のお話は唾液に関する本のご紹介です。

『体の不調は「唾液」を増やして解消する』
虫歯や歯周病の予防も大切ですが、唾液の量を増やすことが多くの病気を予防できることを、分かりやすく書いた一冊です
唾液を増やす生活のコツの実践で、虫歯予防はもちろん、風邪をひかない、胃腸が強くなるなどの健康効果が期待できます
唾液の十分な分泌が予想以上に重要なことがシッカリ理解できますよ!
健康長寿を目指す方、必読の書です

2017年02月14日(火)

みなさん、こんにちは。
本日のお話は、「虫歯の進行について」です。

 

「C1」「C2」ってどういう意味?
歯のチェックの際に、「C1」「C2」などと言われたことってありますよね。
ところであの呼び方は一体何を表しているのかご存じですか?
何かというと、虫歯の進行度のことなんです。
ちなみに『C』というのは『Caries(カリエス)=虫歯』の略。今回はCO~C4で表す歯の状態を見ていきましょう。
エナメル質→象牙質→歯髄→歯根!
■CO…シーオーと読みます。
オーはオブザベーションの略で要観察歯のことです。
「エナメル質」からカルシウムが溶け出して虫歯になりかけている状態。
適切な歯磨きを続けることで健康な歯に修復される可能性があります!!
■C1…初期の虫歯です。「エナメル質」に小さな穴が開いてしまった状態。
穴が開いた部分は茶色又は黒色に変色しますが、まだ痛みなどの自覚症状はありません。
■C2…虫歯が「象牙質」まで進行。
象牙質には神経が通っているため、冷たいものや熱いもので歯がしみます。
■C3…「歯髄(歯の神経)」まで進行して、ズキズキと激しい痛みが続きます。
この段階まで進むと、抜髄(歯の神経を抜く)処置をしなくてはならなくなります。
■C4…「歯根」まで虫歯が進み、歯冠部はもうほとんど残っていません。
根の先に膿が溜まり歯ぐきから膿が出てくることも。
抜歯になる可能性も高くなります。

治療が遅れれば遅れるほど歯はむしばまれます。
自覚症状がある方はもちろん、症状がない方も歯科医院での定期的なチェックが大切です!

 

 

2017年02月13日(月)
みなさん、こんにちは
本日のお話は、「携帯便利な『味噌玉』でカルシウム摂取♪」です。
もう2月ですね
あっという間にお正月が終わてしまいましたね
 
2月はまだ寒い日が続きますのでお身体にはお気を付け下さいね
 
 
携帯便利な『味噌玉』でカルシウム摂取♪
ご飯といえばお味噌汁!
もうこれは定番ですし最強の組み合わせですよね
そんなふうにごく普通に食卓にあがるお味噌汁ですが、
カルシウムが意外と豊富に含まれていることをご存じですか
カルシウム豊富な大豆製品・味噌を使用している上、
だしを取る煮干しやジャコ、けずり節でもカルシウムを摂取。
そしてカルシウムたっぷりの具材を加えれば文句なしです。
今回は、そんなお味噌汁を話題の「味噌玉」にしてみました
お弁当のお供や、一人ごはんの時に便利♪

【材料】
味噌、だし(いりこ粉末、かつお節、昆布だし等)、
具材(油揚げ、干しえび、乾燥わかめ、乾燥あおさ、とろろ昆布など)
①全ての材料を混ぜる。
②ラップに包んだり丸めて製氷皿に並べるなどして保存。
具材にもよりますが、冷蔵で1週間、冷凍で1ヶ月程度保存可能です。
飲みたい時に器に味噌玉をいれて熱湯を注ぐだけ。
 
食いしん坊の新人はもうお腹ぺこぺこです
皆様もぜひ、お試しくださいね♪