2015年06月29日(月)

こんにちは

今日は、 「歯根破折(しこんはせつ)」についてお話します。

 

歯茎の中にある歯の根っこの部分(歯根)が割れたり、ひびが入ったりすることを「歯根破折)といいます。
歯を失う原因の多くは歯周病と虫歯ですが、実はその次に続く原因が「歯根破折」だったのです。

 

①神経をとった歯は栄養がいかなくなるので枯れ木のようにもろい!
②人工の歯を入れるための支柱となる土台が金属の場合は、やわらかい象牙質の特定部分に噛

 む力が集中し、ひび割れを起こしやすい!
③治療を繰り返すことで歯質が少なくなった!
④歯ぎしり、くいしばりのクセがある!

 

大きな原因は歯の神経をとることです
一般的に神経をとるというのは、神経だけでなく、歯に栄養を送る血管なども含めて取り除くこと
だから神経をとると歯に栄養がいかなくなり、歯は死んで枯れ木のようになってしまうのです。

 

では、「歯根破折」を予防するには、どうしたらいいでしょう?
★「神経を取るしかない!」状態になるまで虫歯などを放置しない
★歯の治療を繰り返して歯質を失わないようにケアをしっかり行う
★神経をとった歯で固すぎる物を噛まない
★歯ぎしり、くいしばりがある場合は歯科医に相談を!

歯の根が割れてしまう「歯根破折」になると、場合によっては抜歯しか選択肢がないことも。
歯の寿命を伸ばすためにも、日頃の予防とケアがとっても大切です。
私たちと一緒にお口のケアを続けていきましょう

2015年06月22日(月)
こんにちは
 
今回、おススメする本は、『歯のないひと、ボケるひと』です。
よく噛むことが脳への刺激となり、脳が活性化することは、世間一般で広く言われていることですね
本書では、「認知症」と「咀嚼」との関係にスポットを当てて、さまざまなデータをもとに分かりやすく良く噛むことの大切さを紹介しています
認知症は介護をする家族にとっても辛い病気です。
よく噛める歯を持つことが認知症予防、そして家族の幸せにも繋がります。
ぜひ、読んでみて下さい
2015年06月15日(月)

こんにちは

 

今日は簡単なレシピを紹介します

 

骨や歯を強くするには、必要十分なカルシウムの摂取はもちろん、ビタミンKたんぱく質イソフラボンといった成分もとっても重要なことはご存じですか
実はこれらの成分をすべて含んでいるのが、納豆です。
そこで今回は、冷蔵庫に残りがちな納豆と野菜で作る“大掃除メニュー”をご紹介します
歯を丈夫に! 【納豆のかき揚げ】

 

【材料】納豆、残り野菜(人参、玉ねぎなど)、小麦粉、卵
①野菜はあらいみじん切りにする
②ボールに小麦粉、卵、水を入れて衣をつくる
③②に納豆と①を投入してさっくり混ぜる
④熱した揚げ油に、③をスプーンですくい落として、揚げる

 

納豆が苦手という人にも食べやすいのでオススメです。

ちりめんじゃこ、長芋、ちくわなどを加えても美味。

おかずはもちろん、お酒のおつまみにも
味付けなしでも、塩や天つゆでいただいても美味しいですよ

2015年06月08日(月)

こんにちは

 

本日は、【長崎県佐世保市】をご紹介します
この時期、800品種という日本最多のあじさいが咲き誇る「あじさいロード」や、500品種ものあじさいが揃う「あじさいマーケット」がハウステンボスに出現します。
あじさいの基礎知識や育て方などを教えてもらえるセミナー、フラワーアレンジメント体験教室など、あじさいに関すること盛り沢山
オランダの街並みにヨーロッパを感じながら、色とりどりのあじさいを堪能しませんか
はライトアップも

6月6日~7月6日開催予定です

ぜひ、足を運んでみて下さい

2015年06月01日(月)
こんにちは
 
今回は、矯正にまつわるお話です。
矯正治療では、ブラケットという装置を取り付け、そこに弓形をしたワイヤーを通して歯を動かしていくのですが、そもそも歯が動くって不思議ですよね
まず、知っておいて頂きたいのが、歯はあごの骨(歯槽骨)に直接くっついているわけではないということ。
歯と歯槽骨の間には歯根膜という弾力のある薄い膜があり、歯根膜は一定の厚さを保とうとする性質があるのです。
普段、歯にかかる衝撃をやわらげるクッションのような役割をしている歯根膜は、矯正治療でも重要な役割を担っています。
矯正治療で歯に力が掛かり始めると、歯根膜もその力によって縮んだり引っ張られて伸びたりします。
すると、歯根膜は一定の厚さを保とうとして、縮んだ歯根膜は骨を溶かす細胞をつくって元の厚さに伸びようとし、伸びた歯根膜は元の厚さに縮もうとして、骨を作る細胞をつくります。
歯根膜がもとの厚さに戻ろうとすることで歯が動いていくのです。
歯根膜って凄いですよね