2015年09月28日(月)

こんにちは

 

今日は赤ちゃんのお口の中のお話です

実は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌は存在しません。
親御さんのキスや口移しなどを通して赤ちゃんに虫歯菌がうつり、生えてくる乳歯が虫歯になってしまうのです
スキンシップは大切ですが、必要以上にすることを控えるのと同時に、お母さん、お父さんたち家族のお口の健康もしっかり管理しておくことが大切です
また、普段の生活でも、ダラダラ食いをなくしたり、正しいブラッシング方法を身につけたり、定期的に歯科医でチェックしてもらうなど、歯に良い生活習慣を家族みんなで作っておきましょう
生まれてくる赤ちゃんにも、歯を大切にする良い習慣が自然と身につきますよ

2015年09月24日(木)

こんにちは

 

今日は大人の虫歯についてお話します。

「虫歯は子どもに多いもの」と思ってはいませんか
いえいえ、そんなことはありません
最近では、虫歯を持つ子どもの割合は減少傾向にあるのに対して、虫歯を持つ大人の割合は、年々増加しているのだそうです。

 

では、大人の虫歯にはどんなケースが多いのでしょうか

◆露出した歯の根元に虫歯発生!!
加齢や歯周病によって歯ぐきが後退すると、歯根部分が露出してきます。
歯根はエナメル質より柔らかい象牙質でできているため虫歯になりやすく、症状も早く進行します。。
★過去の治療した所から虫歯菌が!
大人のお口の中は、過去の治療で詰め物やかぶせ物が多いものですが、年月とともに、かぶせ物と歯の間にわずかな隙間ができて、虫歯菌が侵入してしまうことがあります
見えにくい場所なので気づかないうちに奥深くまで虫歯が進行することもありますし、神経を抜いた歯の場合は、痛みを感じにくいので、発見も遅れがちに

 

こんな特徴のある大人の虫歯を予防するためにも、日頃のケアはとっても重要
歯ブラシやフロスを使ってお口のなかを清潔に保ちましょう
そして、歯垢の除去も兼ねて、2~3カ月ごとに歯科で虫歯のチェックをしてもらうと安心です

2015年09月14日(月)

こんにちは

今日はおススメの場所をお知らせします

 

民話の里として知られる「遠野」。

ここは、四方を山に囲まれ、日本の原風景が今なお残る緑豊かな土地です。

河童や天狗・座敷わらしなど民話の生き物たちが私たちのすぐ隣にいるような、民話のなかの出来事が本当に起こりそうな気がするほど、ゆったりした時が流れています

「昔、あったずもな…」ではじまり、「どんどはれ。」で終わる民話を、語り部たちから聞ける施設もありますよ

時には街の喧噪を離れて、深遠な民話の世界に浸ってみるのもいいですね

2015年09月07日(月)

こんにちは

今日は簡単なレシピを紹介します

 

餃子を手作りして皮が余ってしまうことってありますよね。

そんな時に試していただきたいのが、桜エビのミニピッザ

カルシウムの豊富なチーズと桜エビを使った超カンタンレシピです。

お子さんのおやつに、お父さんのおつまみに、すぐに出来て美味しいですよ

 

【材料】/餃子の皮、桜エビ、とろけるチーズ、ピザソース

①餃子の皮にピザソースを塗る

②桜エビとチーズを乗せてトースターで焼く

③チーズがとろけてきたら出来上がり!

☆大葉やパセリを刻んで一緒に焼けば、さらにカルシウムUPで健康な歯に!

☆ピザソースがなければ、ケチャップでもOK

手軽にカルシウムを補給できる簡単かつアレンジのしやすいレシピです。

ぜひお試しください