<< 前の記事
次の記事 >>
2015年06月22日(月)
本:『歯のないひと、ボケるひと』
こんにちは
 
今回、おススメする本は、『歯のないひと、ボケるひと』です。
よく噛むことが脳への刺激となり、脳が活性化することは、世間一般で広く言われていることですね
本書では、「認知症」と「咀嚼」との関係にスポットを当てて、さまざまなデータをもとに分かりやすく良く噛むことの大切さを紹介しています
認知症は介護をする家族にとっても辛い病気です。
よく噛める歯を持つことが認知症予防、そして家族の幸せにも繋がります。
ぜひ、読んでみて下さい
<< 前の記事
次の記事 >>