2017年10月16日(月)

みなさん、こんにちは

本日のお話はおすすめの本についてです

 

 

 

『歯は磨かないでください』
タイトルだけを見ると、アレ?っと思われるかもしれませんが、「歯のケアをしない」のではなく「間違った歯の手入れをしないでください」という内容の本です

歯はゴシゴシ磨くのではなく、原因を取り除くための正しい口内ケアが大事

歯の形状に合わせた磨き方やデンタルフロスの使い方など、詳しく紹介されています
頑張ってケアしても虫歯や歯周病になるという方は必読です

 

 

読書の秋と言いますが、めっきり冬のような気温になりましたね

皆様どうぞご体調にはお気をつけくださいませ。

 

免疫が落ちて風邪をひきやすい季節こそ歯のメンテナンスも重要ですよ~

2017年10月10日(火)

皆様こんにちは

今週のお話は前回からの続き

「自分でできる口内炎の対処法」です

 

 

対処法①
口内炎になる原因は、口を傷つけてしまうなどのほか、ビタミン不足、ストレス、
アレルギーなど実に様々ですしかし原因は何であったにせよ、すでに炎症を起こして
いるということは、お口の中の細菌が悪さをしている事に変わりはありません
ですので、まずはお口の中を清潔にし、細菌を減らすことが先決です。

とはいえ、マウスウォッシュ(洗口剤)では刺激が強すぎたり、善玉菌も減らしてしまいます
そこでおすすめなのが「生理食塩水」
毎食後、これを使って30秒程度のうがいを3回繰り返します。できれば1日5回以上行うと、
より効果的です

 

*生理食塩水の作り方*
水(水道水)・・・1リットル
食塩・・・9グラム(小さじ2杯弱)
 
を混ぜてできあがり
※口内炎のときは「ぶくぶくうがい」が効果的です

 

 

対処法②
さらに効果を高めるには、市販の口内炎用の塗り薬やパッチなどもあります
また、ビタミン(B2)不足が原因の場合には飲み薬も効果的です。
ただし、いずれの場合もますはお口の中を清潔にしておくことが大切です

 

そして定期的なお口のメンテナンスを心掛けましょう

2017年10月02日(月)

みなさん、こんにちは

秋を感じる気温になってきましたね

 

本日のお話は・・・

 

「自分でできる口内炎対策」です
おそらく、多くの方が体験している「口内炎」。食事の時はもちろん、しゃべる
だけで痛かったりすると、本当にイヤですよね

とはいえ、10日前後で治ってしまいますからわざわざ病院に行くほどでもない・・と言う方が多いのでは
そんな時に役立つご自身でできる口内炎を早く治すための対処法を次の週のブログでご紹介したいと

思います

朝夜と日中の寒暖差が大きいので皆様ご体調にはくれぐれもお気をつけくださいませ

 

来週をお楽しみに~

2017年09月28日(木)

みなさん、こんにちは

毎週月曜日にブログの更新を心がけているのですが、遅くなってしまいもうしわけございません

本日のお話は・・↓↓↓

 

Q:虫歯の治療って、やっぱり削るのが当たり前

 

A:いいえ。

虫歯になったら「削って詰める」が当たり前ではありません。
虫歯だからといって全ての虫歯が削る必要があるわけではありません。初期の虫歯やごく小さな虫歯の場
合、日頃のケアをシッカリすれば、進行せずに何十年も止まったままということもあるのです

いったん削って詰め物をした場合、詰め物の隙間などから虫歯菌が侵入して再発するリスクも高まるので、その後、何回も治療を繰り返し、確実に歯の寿命は縮まってしまうのです

経過観察でOKの虫歯なら様子を見るのが適当ですね

ただ、痛みやしみるなどの症状が出ている場合は、やはり削って詰める治療が必要になりますそこまで進行させないためには、日頃のメンテナンスと定期的なプロのチェックが重要です

 

私たちと一緒に虫歯になりにくいお口の環境を作っていきましょう

2017年09月19日(火)

みなさん、こんにちは

昨日は暑かったですね。。今回のお話はおすすめの本です

 

 

『かむかむウオーキング』


良く噛むことは、消化吸収を助けたり、脳を活性化させるなど、様々な効用が言われています
しかし、咀嚼の効用はそれだけではありません
良く噛むことで足の筋力がパワーアップしたり、ガムを噛みながら動くと運動効果が倍増するなど、全身の運動機能にも影響があるのだそうです
お口の健康はもとより全身の健康にも役立つ情報が一杯
運動前に読んでおきたい一冊です

 

読書の秋にぜひいかがでしょうか