スタッフ日記のINDEX
2017年08月21日(月)

みなさん、こんにちは
本日のお話は、「 虫歯のお話その2」です

 

 

 

神経をとると「歯の寿命が短くなる!!」

 

虫歯が進行すると「神経」をとらなければなりません。

「神経をとればもう虫歯にならない!」そんな誤解もあるようですが、これは大きな間違いです

歯は、神経がなくても虫歯になりますし、痛くないといってもそれは「歯」だけのはなし。

虫歯が進行すると歯を支える「骨」にまで細菌が到達し、顎骨が激しい痛みを引き起こすこともあるのです

 

また、「神経」は単に痛みを伝達するだけでなく、実は歯に「栄養」も運んでいます

つまり神経をとってしまうと歯がもろくなり、その寿命も短くなってしまうのです

 

歯は一生を通して大切なものです

痛みを感じてからの治療ではなく、定期健診を受けて健康な歯を保ちましょう

2017年08月14日(月)
みなさん、こんにちは昨日、今日と少しだけ暑さが和らいでるような気がしてほっとしている杉山です
本日のお話は、「 虫歯のお話」です
 
皆さん虫歯の事をどれほど知っていますか?
虫歯は「痛くなってからでは」治療が大変になってしまう事も
 
実は・・・「治療したところほど再発しやすい
 
「つめもの」や「かぶせもの」が装着され、「治療がおわってもう安心だ」と思う方も少なくないでしょう。
しかしっ!
実は、治療した箇所は以前よりもさらに虫歯になりやすい環境になっています。
その理由は「つめもの」や「かぶせもの」の隙間・・・
もちろん、これらはとても精度が高く作られていますが、長年の使用と共に少しづつ隙間ができてしまいます。
 
しかも一度虫歯になっていたということは、その原因となるプラークが溜まりやすい場所でもあります
ですので治療したところほどしっかりケアする必要があるのです。
 
しっかりお口のメンテナンスをして、早期発見早期治療を心がけましょう
 
2017年08月07日(月)
みなさん、こんにちは
本日のお話は、「 歯の治療中も安心リゾット」です
 
 
歯の治療中も安心とろとろ『チーズリゾット』

 歯の治療の途中などで、固いものが噛めない時にオススメのやわらかレシピをご紹介します。残りご飯とあり合わせの材料でパッと作れるチーズリゾット。簡単なのでぜひ作ってみてくださいね
 
【材料】ご飯、コンソメスープの素、牛乳、チーズ

具材(玉ねぎ、ハム、ベーコン、きのこ類
など、あり合わせの材料でOK)
※具材は全て小さくカット
① フライパンにオリーブオイルを熱し具材を炒める。
② 火が通ってきたら、ご飯とご飯がひたひたになる
くらいの水、コンソメスープの素を入れて煮る。
③ 水分が少なくなってきたら、牛乳とチーズを入れ
て混ぜ、チーズが溶けたら塩コショウで調味。
器に盛り、お好みで粉チーズをかけて完成
 
夏休みのお口のメンテナンスおすすめ中~
2017年07月31日(月)

みなさん、こんにちは

先週の水曜、木曜は少し過ごしやすい気温でしたね

さて、本日のお話は「夏バテでお口が臭くなる?」です。

 

夏バテといえば、体が疲れたり、だるくなったりしますがお口にも大きな影響を与えます。

 

夏バテが引き起こすリスク

 

 

①歯周病の悪化!+虫歯のリスクも!

歯周病や虫歯は、お口の中の細菌が引き起こす病気。夏バテになり免疫力が下がってしまうと細菌が

どんどん増え、歯周病や虫歯のリスクが高くなります。

 

②口臭の原因にもなる

夏バテで食事の量が減ったり水分不足になると、だ液の量が減り、自浄作用が低下して

口臭の原因である「舌苔(ぜったい)」がどんどん増えてしまいます。

 

 

夏バテを予防しておくのはもちろんですが、もし夏バテになってしまった場合は、

普段以上にお口のケアに気をつかいましょう

2017年07月24日(月)

みなさん、こんにちは
本日はおすすめの本「口腔医療革命食べる力」についてですっ

 

 

『口腔医療革命食べる力』

 

「食べる」「喋る」「笑う」という、人間の健康にとって重要な行為を支える口腔機能ですが、現在の日本の医療現場では口腔機能は軽視され、専門家がいないのが現状なのだそうです

本書では、口腔機能が健康長寿のカギであることや、健康に老後を過ごすための対処法等を分かりやすくご紹介最期まで噛んで食べたいという方、必読です