ポジデンメイン ポジデンメイン

現在の会員数 7082

初めての方はこちらのオススメ記事
ご覧ください

オススメ一覧はこちら

オススメ一覧はこちら

90%→改め95%の患者さんが自ら「自費説明」を希望するたった1枚のアンケート【2019最新版】

あのアンケートに「P検査」の項目を追加した最新版です。ぜひご活用くださいませ。

82 2521
Written by
鶴岡 克人
無料ダウンロードツール

 

 

初めて作成してから10年

今でも変わらず効果を

発揮してくれている、

とても重要なアンケートです。

 

(こちらはログイン後、ページ上部の「ダウンロードボタン」を押すと入手できます。ログインしないとボタンが出ません



 

毎年少しずつ改変していますが、

ポジデン上のものが

だいぶ古くなってしまいました。

 

そこで、
 

歯周病検査項目も追加した
最新バーション

をアップしました。

 

 

 

このアンケートを

初めてご覧になる先生へ。

 

 

ズバリ結論を申し上げますと、

 

95%の方が自ら補綴物の

説明を希望する

 

という魔法のようなアンケートです。

(以前は90%でしたが、
最近は95%ぐらいまでアップしてます!)

 

 

 

患者さんにこのアンケートに

答えていただくと…。

 

およそ80%の方が

 

補綴物の違いについて
説明を聞いてから検討したい!

 

 

そして、15%の方が
 

 

費用にかかわらず
最善の方法を提案して欲しい!

 

を選択してくれます。

 

これで、患者さんの顔色を気にせず

おおでを振って自費説明ができます。

 

 

 

 

なぜそうなるのか?

 

それは

 

 

患者さんの補綴物への
認識
間違い

 

 

そしてさらに、

 

 

その間違いに対する
歯科の対応の間違い

 

 

が原因です。

 

 

 

その間違いを

一発で解消するのが

このアンケート。

 

 

詳しくはこちらの

レポートをご覧ください

(すでに読者1万人以上!)

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回の最新版について。

 

 

このアンケートは

補綴物がからむ患者さん用なので、

基本は主訴がペリオではない患者さん

答えていただくことになります。

 

 

しかし、予防を推進する医院にとっては

主訴がペリオではなくても

同意の上で、

しっかりP処置をする

必要があります。

 

 

 

 

だったらこのアンケートで
同時にP検の同意
もらえないか?

 

 

ということで

以下の設問を追加しました。

 

 

 

 

 

 

その結果、

なんと、90%の方が

AかB、すなわち、

検査を希望してくれます

 

 

理由は簡単です。

設問にある次の2点がポイントです。

 

「歯周病は歯が抜ける病気」
「成人の80%がかかっている」

 

「80%」

という数字は

「自分もそうかも」

と強く思わせます。


 

つまり、この設問を読めば自動的に

 

「自分には歯周病で
歯が抜けるリスクがある」

 

と思うわけです。

 

 

その上で、

 

 

A.歯周病検査を希望する
B.歯周病の可能性が高いようで
あれば検査を希望する

 

 

と聞かれているわけですから、

歯を失いたくない、と思う方は

確実にどちらかを選びます。

 

 

ちなみにですが、

 

C.どのような状態でも検査を希望しない

 

を選んでいる方は

自分の歯が抜けしまっても

別に気にしないわけですから、

 

この方は明らかに

 

 

予防歯科が追いかけるべき
患者さんではありません

 

 

そういう意味では、

スクリーニングもできてしまう

スグレモノです。

 

ぜひご活用くださいませ!

 

 

ダウンロードは下のボタンから!
ログインするとボタンがでます

 

 2019年5月8日 14時51分
無料会員登録

この記事が面白かったら「Good!」

GOOD


同一カテゴリ記事一覧


初めての方はこちらのオススメ記事
ご覧ください

オススメ一覧はこちら