ポジデンメイン ポジデンメイン

現在の会員数 7713

初めての方はこちらのオススメ記事
ご覧ください

オススメ一覧はこちら

オススメ一覧はこちら

新型コロナ特例 休業しても人件費は10%以下で済む?

業績が悪化している医院が増えています。今後、非常事態宣言となれば、休業も視野に…。そんなときの基本対策について考えます。

887 29659
Written by
鶴岡 克人

 

※こちらの記事は2020年3月30日時点の情報です。最新の情報は↓
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html
よりご確認ください。

 
 
 
 

新型コロナウイルスの影響により、

都心部を中心に、

患者数が減っている医院が

非常に増えています。

(外出するところがないため、逆に患者さんが増えているという地域もあるようですが…)

 

 

 

この状況はおそらくまだまだ続きます。

志村けんさんの訃報を受け、

さらに自粛ムードは高まるでしょう。

(それにしても、ドリフ世代のわたしとしては、本当に残念で残念でなりません…)

 

 

 

また、海外では歯科医師・歯科衛生士が

エアロゾル・飛沫にさらされることから

感染リスクが最も高い職業とされており、

また、緊急を要する治療以外は

原則禁止になっているところもあるようです。

 

 

 

 

今はまだ大丈夫という先生も、

今後の様々な可能性を想定し、

前もって心構えと準備を

しておく必要があります。

 

 

 

特に「人」がメインの歯科医院では、

 

患者数が減り仕事量が減ってしまったら、スタッフをどうするか?

 

という点が最も重要になります。

 

 

そこで、ケース別に

考えていきましょう。

 

 

 

 

①休業やスタッフを休ませるほどではない場合

 

 

まず、患者さんは減っているが

当面は休業や出勤を控えてもらうほど

切迫していないという場合。

 

 

こうした医院は、

この機会に

 

トレーニングを行う

 

ことを強くおすすめします。

 

 

以下にあげている項目は

現代の歯科経営では

基本中の基本です。

 

これがしっかりできていない医院は、

今こそ追いつくチャンスです。

 

 

・待合室からユニットへの誘導

・ユニット上での治療説明

・オペレーターの挨拶・会話

・受付応対の改善

・初診カウンセリング

・補綴カウンセリング

・Pの啓発

 

 

これらは

いずれ景気が回復し

患者さんが戻ってきたときに

120%!絶対にプラスに働きます。

 

 

新型コロナのマイナス分を

 

最もてっとり早く取り戻すための

最も真っ当な時間の使い方です。

 

 

 

具体的な方法は

これまでセミナーにご参加

いただいた先生であれば簡単です。

 

資料を引っ張り出していただければ

マニュアルや配布物など、

必要なツールは揃っていますので、

いつもセミナーで申し上げている通り

 

「あとはやるだけ!」

 

です。

 

 

過去のセミナー資料はこちら

http://dentaloupe.jp/posiden/tool/seminer/

 

※資料のパスワードなど忘れてしまった場合は

dental@cranehill.net

または047-306-0381までご連絡ください。

 

 

 

 

②休業あるいは、スタッフを一部休ませる場合

 

患者数があまりに激減している、

あるいは資金面で厳しい場合は

医院自体を休業

もしくは、

一部スタッフに休んでもらう

という選択を取る必要があります。

 

 

 

問題は、人件費ですが、

病院が休むからと言って、

こちらの一存で勝手に給与を

カットすることはできません。

 

 

 

 

そこで、いくつかの対応が考えられます。

 

 

 

②-1:有休休暇をこの機会に取ってもらう

 

 

まずそもそもですが、

有休休暇を取らせることに

こちらからの強制力はありません。

 

 

 

ですので、スタッフとの合意が前提。

 

つまり、病院の都合ではなく、

あくまでも

「スタッフの意思でとった」

ということになりますので、

後々トラブルにならないよう

十分注意して運用してください。

 

 

 

 

②‐2:手当を払って休んでもらう

 

もちろん業績悪化を理由に

病院の都合で休んで

もらうことも可能です。

 

 

ただし、

その場合は

休業手当

支払う必要があります。

 

 

 

 

休業手当は法律では

 

「平均給与」の60%以上

 

とあります。

 

 

 

私も知らなかったのですが、

実は「平均給与」とは、

出勤日ベースではなく

 

休日も含めた平均

 

だそうです。

 

 

 

 

例えば20万円の給与で

1ヶ月に20日間労働だとすると

1日の平均は1万円のように思えます。

 

 

 

ところが、

「平均給与」の計算は休日も含めて

計算するのが正しい方法です。

 

 

 

実際には3ヶ月分で平均を出します。

 

 

上記のように仮に月給20万だとすると

それが3ヶ月分なので

給与

20万✕3ヶ月=60万円

 

これを3ヶ月=90日として計算すると、

 

60万 ÷ 90日 ≒ 6.666円

 

これが1日の平均給与です。

 

 

支払う休業手当は

この60%以上なので、

1日休んでもらう毎に

 

6.666円 ✕ 60% ≒ 3999円

 

 

 

ということになります。

 

思ったほどは、高くない!

 

ですよね。

 

 

とはいえ、

これは法律上の最低額です。

スタッフの生活もありますので

その辺りの配慮は

よろしくお願いします。

 

※平均給与は通勤・残業などの手当を含めて計算します

 

 

 

さらに、休業手当が助成される!?

 

実はこの休業手当ですが、

雇用調整助成金を使うと、

3分の2が助成されます。

※80%に引き上げられました。
さらに、解雇がない場合は90%助成されます。
(3月31日修正)

 

 

 

これはもともと存在する助成金ですが

今回の新型コロナウイルスの影響を受け

かなり要件が緩和されています。

 

 

 

たとえば、

基本は事前申請なのですが、

 

1月24日からの過去の分まで遡ることができ、

先は7月23日に休業初日を迎える分まで

と、かなり広くなっています。

 

 

その他、いろいろと

細かいことはありますが、

去年同月より

売上が10%以上下がっていれば
(1ヶ月分でよい)

概ね大丈夫そうな雰囲気です。


※10%→5%になりました。
(3月31日修正)

 

 

 

申請は5月末までですので、

まだまだ時間もありますね。


※6月末になりました(3月31日修正)

 

 

さらに、この助成額が

3分の2から80%に引き上げられる

という話も。(現在は北海道のみ)


※予想通り引き上げられました。
しかも、解雇がなければ90%助成されます(3月31日修正)

 

 

 

月給20万円のスタッフを

1日休んでもらった場合を

考えてみましょう。

 

 

 

まず、先程の計算通り、

支払う休業手当は1日につき

3999円。

 

 

さらにそのうち80%が

助成されると

自己負担分は20%になるので

1日およそ800円!

 

 

普段は

月給20万円の20日労働で

1日あたり1万円支払っていると考えると、

 

10%以下の金額で休ませることができる。

 

というわけです。

 

 

万が一の休業を考えた場合に、

一考の価値はあると思います。

 

 

 

ご興味を持たれた先生は

以下をご参照ください。

 

 

制度の概略はこちら(厚労省HP内)※3月31日の修正前

https://www.mhlw.go.jp/content/000612660.pdf

 

 

 

3月31日に発表された修正内容

https://www.mhlw.go.jp/content/000615395.pdf

 

 

 

言葉の意味などよくある質問はこちら(経産省HP内)

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/faq4.pdf#search='%E9%9B%87%E7%94%A8%E8%AA%BF%E6%95%B4%E5%8A%A9%E6%88%90%E9%87%91'

 

 

申請書類など、最も詳細な資料はこちら(厚労省HP内)

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000172253.pdf#search='%E9%9B%87%E7%94%A8%E8%AA%BF%E6%95%B4%E5%8A%A9%E6%88%90%E9%87%91%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF'

 

 

 

 

とはいえ、

実際に申請した経験がまだないので、

歯科でも適用可能かどうかなど、

正確な情報を社労士に確認中です。

ご利用の際は必ず各自で詳細を確認して下さい。

 

 

 

また、シーエイチアイでも

業績への影響がでていますので、

一部休業して雇用調整助成金を

申請してみようか検討中です。

 

 

その際は書類の書き方なども

併せてご紹介できればと

考えています。

 

 

 

 

また、助成金の他、

融資等についても
優遇策が発表されています。

 

新型コロナウイルスによる

中小企業への政府の支援策が
まとまっているページ

があるので、ぜひこちらもご参照ください。

 

経産省HP内

https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html

 

 

 

 

 

厳しい状況は間違いなく

しばらく続きます。

 

もちろん私も経営者として

不安でいっぱいです。

 

 

とはいえ、

不安に思っているだけでは

自分の家族も

スタッフも守れません。

 

 

冒頭でも触れたように、

歯科治療が原則禁止に

なっている国もあります。

 

「最悪、患者数が半分以下になる!」

 

これぐらいの事態を想定し、

今できることを

しっかり確認・準備して

おきましょう。

 

 

ありきたりですが、

備えあれば憂いなし!

 

 

一番心を落ち着けてくれるのは

周到な準備

です。

 

 

ではまた!

 2020年3月30日 16時12分

この記事が面白かったら「Good!」

GOOD


関連記事一覧

初めての方はこちらのオススメ記事
ご覧ください

オススメ一覧はこちら