歯周病に全く興味のない患者さんでもたった1分で、ドキドキするほど検査に興味をもつ「リアルタイムP検」とは?
たかがP検、されどP検。歯周病予防で成功しているいいんは、検査からして違います!主訴がペリオでもないのに、確実に検査に興味を持ってもらう方法とは??
このエントリーをはてなブックマークに追加


4
1016

無料ダウンロードツール

ツールのダウンロードについて

当レポートでご紹介するツールは記事下部よりダウンロードが可能です。
「ダウンロード」ボタンをクリックすると、PDFファイルが表示されますので、プリントアウトしてぜひご活用ください!
 

※PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerが必要です。
 
よく分からない方は、考えこまずに電話またはメールでご連絡ください!
TEL: 047-306-0381 email: dental@cranehill.net

※データのダウンロードには、ポジデン.comへの会員登録(およびログイン)が必要です。どうかご了承ください。このレポートでは、はじめて歯周病検査を受ける患者さんに、「たった1分」の説明を追加するだけで、「ドキドキ」するほどの興味をもちながら検査を受けてもらう方法をご紹介したいと思います。

単に検査だけでなく、その後の治療やメンテナンスへのモチベーションも確実にアップしますので、ぜひ医院に取り入れてみてください。
 

 

 

 

認定医でも苦労する?「モチベーションコントロール」

以前、ちょっと変わった相談を受けたことがありました。歯周病学会の認定医の先生がいらして「メンテ患者が増えなくて困っている」とのこと。

 

「認定医でもメンテ患者は増えないものなのか…」はじめは不思議に思ったのですが、詳しく話を伺ったところ、その理由はすぐに分かりました。たしかに、ペリオの処置としては完璧に近いものを提供していたのかもしれませんが、そこに患者さんの「モチベーションをコントロールする仕組み」がまったくなかったのです。

 

実は、歯周病予防で成功するかどうかはこの「モチベーションコントロール」にすべてがかかっているといっても過言ではありません。多くの医院はこの「モチベーションコントロール」を単に「モチベーションを上げるトークをすること」だと大きな勘違いをしています。さらには、この歯周病予防の成否に関わる重要な要素を完全に「DH任せ」にしてしまっている医院もたくさんあります。これでは絶対に成功しません。
 

正しい「モチベーションコントロール」とは

 

①「すべての患者さん」に
②「決められたタイミング」で
③「決められたモチベーションアップのためのコミュニケーションをはかる」

 

これらを「仕組み」として院内に構築することです。ここで重要なのは、「全ての患者さん」に「同じモチベーションアップ策」をとるということ。つまり、しっかり機能すれば、DHの能力に大きく左右されることなく、一定の割合で患者さんがモチベーションを高め、最終的にメンテナンスに応じてくれることを意味します。要するに、仕組みさえ作ってしまえば、あとは『自動的』にメンテナンス患者が増えていくということです。

そしてもう一つ重要なのは、この仕組みを作ることは決して難しいものではない、ということ。そこで、「歯周病検査」を例に、具体的にどうすれば簡単に患者さんを「ドキドキ」させることができるのか、その方法を解説していきたいと思います。

 

実は、「検査」からすでに大きな差がついている!

そもそもですが、一般的な医院の場合、検査ではただ単に結果を記録するだけです。しかし、歯周病予防に力を入れている医院は、この段階からすでに「モチベーションコントロール」を確実にスタートさせています。

 

心理学に「初頭効果」と呼ばれるものがあります。皆さんも経験があるかと思いますが、「第一印象」は人間の記憶に深く刻まれやすく、後の判断に大きな影響を与えるというものです。

 

そう、すでにお気付きのように、はじめて検査を受ける患者さんにとって「歯周病検査」とは「歯周病との最初の出会い」なのです。つまり、この検査で「歯周病」にどんなイメージを持ってもらうかによって、その後の治療やメンテナンスへの取り組み姿勢に大きく影響します。モチベーションコントロールの観点からすれば、検査は絶好の動機づけのチャンスであり、予防で成功している医院は、この段階ですでに大きな差をつけているのです。

 

では、具体的にどのように検査をすれば、「ドキドキ」するほどモチベーションがあがるのでしょうか?まずはじめに考えていただきたいのは、「歯周病」という病気の表現方法についてです。

 

もちろん、患者さんが相手なので「歯学的」な定義を答えても意味がありません。「患者さんの気持ちを動かすための表現」と考えると、実は「歯周病」といっても言い方はいくつでも見つかります

 

もし軽い病気だと感じて欲しいなら

 

「歯ぐきが炎症をおこす病気」
「歯ぐきが腫れる病気」

 

一方、重く言うのなら

 

「寿命が短くなる病気」
「人生の豊かさを奪う病気」

 

と言えるでしょう。他にも「骨が溶ける」「歯が抜ける」「自覚症状がない」など、いろいろな言い方があります。こうした「表現の引き出し」をたくさんもっておくことは、モチベーションコントロールにおいて非常に重要です。

 

では、この「歯周病検査」を前にして、患者さんに「重く」言うべきか、「軽く」言うべきか、どちらが正解でしょうか??

 

それを判断する基準は、

 

①病気の「知識」や「怖さの認識」がどれぐらいあるか
②「自分との関わり」をどのように感じているか

 

この2点で決まります。

 

初めてP検査を受ける場合、多くの患者さんは歯周病の「知識」もなければ、「怖い病気という認識」もほとんど持っていません。また、自分との関わりについても、主訴がペリオでなければ「まったく関係ない病気」だと思われているでしょうし、もしペリオが主訴だとしても、「自分は大したことないだろう」と過小評価している方がほとんどです。

 

このように、疾患についての「知識」も「恐怖」もなく自分との「関わり」も深く感じていない場合には、「重い表現方法」を使わなければ、気持ちを動かすことができません。ちなみに、信頼関係が重要になるメンテナンスや予防の段階においては、逆に重い表現を使うことは極力控える必要があります。なぜなら、「恐怖」ばかり語る相手についていきたいとは思わないからです。モチベーションを高める表現は、時と場合による使い分けが非常に重要です。

 

さて、検査の段階では、次のように「重く」伝えることで、「歯周病はただものではない」ことをしっかり感じてもらう必要があります。

 

・寿命やQOLに影響があるため国も治療と予防に力を入れている
・細菌が歯を支える骨を溶かし、最後には歯が抜ける病気
・成人の8割がかかっている
・しかし、自覚症状が少なく骨が溶けていても気づかないことが多い
・心臓病、脳卒中、糖尿病悪化・早産などのリスクとも関係している

 

しかし、これらを見ただけで、「伝えるのが大変そうだな」と感じた方も多いと思います。しかも、実際にスタッフに説明させるとなれば、暗記や練習など、準備だけでそれなりの時間が必要です。

 

そこで極めて重要なのが、次のような「資料を見せながら話す」ということです。

 

 

(この資料はツールは記事下部よりダウンロードが可能です。「ダウンロード」ボタンをクリックすると、PDFファイルが表示されますので、プリントアウトしてぜひご活用ください!)

 

人間は、情報が「耳」からだけでなく「目」からも入ってくると、理解力・記憶力が格段にアップします。ラジオとテレビを比較すればその差は歴然です。そのため、患者さんに大切なことを伝えたいときには、このように必ず「目に見えるもの」と一緒に説明する必要があります。

 

さらに、このシートにはもう一つの大きな役割があります。それはスタッフの教育もほぼ必要がないということです。極論してしまえば「字さえ読めれば」内容を確実に伝えることができます。ここに書かれていることを単にそのまま読むだけ。ただそれだけです。所要時間は1分もかかりません。

 

また、下の方に次のような説明があります。

 

「歯周病は進行するとポケットが深くなっていきます。
そこで検査では歯周ポケットの深さを測定します。」

 

そして、ポケットの深さと進行度合いについて説明します。

 

「目安として3mm以上ですと軽度の歯周病、6mm以上で中等度、8mm以上ですと重度の歯周病になります。(※数値は医院の見解によって変わるので各医院で記入してご利用ください)」

 

最後に一番下を読み上げます。

 

「検査の際、ポケットの深さを読み上げながら検査をしますので、ぜひ数値に耳を傾けていてください。」(ここに書かれているように、プロービングの際、ポケットの深さを声に出して記録してください。)

 

ここもまた、紙に書かれたことを読み上げるだけですが、しかし患者さんは、思いもよらない「緊張感」を抱くことになります。なぜなら、想像以上の「歯周病のリスク」を知らされた上で、さらに、今からポケットを読み上げならの検査、つまりは「リアルタイム」で検査結果を知らされるわけです。これがドキドキしないはずはありません。

 

そして最も重要なのは、検査結果を聞いた後のリアクションです。

もし思いのほかポケットが深ければ、患者さんは次のように思います。

 

①もっと詳しい検査結果を教えてほしい
②歯周病を治してほしい

 

そう、これはまさに、次のステップへの「動機づけ」がうまくできた証拠です。

そして、

 

「次回ご来院時に、詳しい検査結果と治療についてご説明します」

 

この一言で、多くの患者さんが興味をもって検査結果を知るために来院し、さらに、自らの意志で『治療』を受けるようになります。これは、P処置が「クリーニング」という「やってもやらなくてもいいもの」から、『治療』という歯周病を治すために「やらなければならないこと」へと変わったことを意味します。これぞまさに「モチベーションコントロール」の効果です。

 

シンプルでなければ、歯周病予防は成功しない

さて、皆さんもお気付きかと思いますが、このノウハウで実際にやるべきことといえば、「資料を見せながら読む」。ただこれだけのことです。

 

『効果は高く、やるべきことはシンプルに』

 

歯周病予防において患者さんを引っ張っていくのは、ドクターではなく歯科衛生士の大切な役目です。その歯科衛生士が簡単に実行できなければ、どんなにすばらしいノウハウでも、単に『絵に書いた餅』になってしまいます。

 

そのため私たちが開発するノウハウには、先程のシートのように「読むだけ」「見せるだけ」「渡すだけ」で効果を発揮できるような資料(ツール)が必ず用意されています。

 

SPTの導入からもわかるように、歯周病の治療およびメンテナンスは、国が推進する重要な「国民的疾患対策」です。しかし、自覚症状に乏しい歯周病に関するこれらは、患者さんの高いモチベーションがなければ絶対に成立しません。

 

そこで、簡単・確実に患者さんを「検査」から「メンテナンス」まで導く「モチベーションコントロールの仕組み作り」のすべてをご紹介するのが、今回の「歯周病予防ノウハウ完全公開セミナー」です。

 

私たちのセミナーではノウハウの出し惜しみは一切いたしません。ツールやマニュアルをすべてご提供しますので、あとは「読む」「見せる」「渡す」だけ。患者さんとの信頼関係を築きながら、メンテンナンス患者を計画的に増やすノウハウを包み隠さずご紹介します。

 

 

さらに今回は、年々深刻化する「採用」についてのノウハウも、例年に増してしっかり解説させていただきますので、ぜひ皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

シーエイチアイ代表
鶴岡 克人

 


 2018年8月30日 15時54分
無料会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の会員数 6495
会員ログイン
無料会員登録