ポジデンメイン ポジデンメイン

現在の会員数 7082

初めての方はこちらのオススメ記事
ご覧ください

オススメ一覧はこちら

オススメ一覧はこちら

歯科数が横ばいに! でも、ぜんぜん楽にならないワケ

競争が激しい歯科業界も、ようやく医院数の増加が横ばいになりホッと一安心‥、が!しかし!その内実は決して甘くはありません。そのワケとは?

158 2570
Written by
鶴岡 克人

 

 

半年ほど前の話ですが、

厚労省からこんなデータが

発表されました。

 

 

 

 

わーい!歯科の増加が止まったぞ!

ここまでなんとかなったから

もう安心だ!

 

 

 

たまにこんな話を聞きますが、

全くの誤解です。

 

 

 

 

横ばいになっているのは確かですが、

実際に皆さんの周りで起きていることは

そう単純ではありません。

 

実は、この数字の裏には

こんな実態があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

1720件の開設と

1739件の廃止。

 

 

 

 

 

そう、総数では変わらなくても

中身は2.5%近く変わっています。

 

 

 

 

 

なんだ、たったの2.5%じゃないか!

 

 

 

 

 

 

でも、これはわずか1年間の話。

10年もすれば、25%です。

 

 

 

 

 

 

つまり、

皆さんの近所の歯科の
4分の1は
新しい医院に変わる。

ということです。

 

 

 

 

しかも、それだけではありません。

 

 

 

 

 

これから開業を考えているドクターは

 

 

相当な覚悟

徹底した経営戦略

 

を持って臨んでいます。

 

 

 

 

 

 

業界の厳しさを知り、
多額の借金をして、

 

「それでも開業しよう!」
 

というわけですから、

当然気合も入ります。

 

 

 

 

 

実は、私のセミナーも

参加者の5%~10%
これから開業を目指すドクター

だったりします。

 

 

 

 

こうしたドクターと

話をすると、

 

 

 

開業直後はどうせ患者さんが少なくて時間がある。
だからその間に「患者満足度を高めるシステム」を作ります!

 

 

と、皆さんやる気マンマン!

 

 

このように、すでに開業の前から

 

「患者満足度向上」
への意識が高く

 

さらに、

 

必要なツール類を
早くも手に入れている

 

わけですから、周囲の歯科にとっては

それはそれは、恐ろしい存在になるでしょう。

 

 

 

このように、

医院数が横ばいになったからといって、

まったく安心はできないのです!

 

 

 

 

 

さて、そうした厳しさが

いつまでも続く歯科業界ですが、

 

「じゃあどうすればいいの?」

 

というのが皆さんの悩みだと思います。

 

 

 

 

 

スバリその答えは

 

「生きた医院」

 

であり続けること。

 

 

 

実は、医院が

「生きている」か、「死んでいるか」は

たったの1分で分かります!

 

 

 

今日は少し長くなりましたので、

その答えは、また次回に詳しく解説したいと思います。

 

 

 

 

 

ではまた!

 2019年7月2日 17時03分

この記事が面白かったら「Good!」

GOOD


関連記事一覧

初めての方はこちらのオススメ記事
ご覧ください

オススメ一覧はこちら