ポジデンメイン ポジデンメイン

現在の会員数 7158

初めての方はこちらのオススメ記事
ご覧ください

オススメ一覧はこちら

オススメ一覧はこちら

経営が安定するのは「ウザい歯医者」だ!

八方美人をやめれば、医院経営は安定します!

229 4539
Written by
鶴岡 克人

 

 

 

「ウザい歯医者」

 

 

とは、ズバリ、患者さんに

いろいろな情報を提供をする歯医者さん。

 

 

一生懸命に情報を提供しているのに、

こう思う患者さんがいます。

 

 

「なんだかいろいろ面倒な歯医者だな」

 

 

それがはっきりと顔に出る方もいれば、

顔には出さず、そのまま

それっきりこなくなる方もいます。

 

 

 

 

でも、

 

 

 

 

 

 

それでいいんです!

 

 

 

 

経営で最も重要なことは

「八方美人」をやめることです。

 

 

 

「どんな患者さんのための医院を目指すか」

を明確に決め、その患者さんが

どの医院よりも満足するように

最善を尽くす。

 

 


 

もちろん、そうすることで

脱落する患者さんもいます。



 

しかし同時に

「先生の医院でなければダメ!」

という患者さんが確実に増える。

 

 

 

そうやって

「ファン」を作っていくのが

いつまでも安定する正しい経営です。

 

 

 

 

 

そして、歯科医院が確実に成長を

続けたいのであれば、

どんな患者さんを大切にすべきかは

明確に決まっています。

 

 

 

 

それは、

 

 

「一生おいしく食事をしたい」

 

 

と願う患者さん。

 

 

 

しかし、現実には、

多くの患者さんがそもそも

 

 

「一生おいしく食事をする

ためには何が必要なのか」

 

 

いいかえれば、

 

 

「どんなリスクを避けなければ
いけないのか」

 

を知りません。

 

 

そのため、主訴とは関係がなくても

必要な情報はしっかり提供する

そして、状況に応じて

治療もしなければなりません。

 

カリエスが主訴の患者さんに対し、

ペリオのリスクをしっかり理解していもらい

治療を受けていただくのはその最たる例です。

 

 

 

そう、そしてこれは、

単に痛いところを

治してほしいだけの

人にとっては

まさに「ウザい」だけ。

 

 

 

しかし一方で、

 

「一生おいしく食事をしたい」

 

と願う患者さんにとっては、

それまで気づかなかったリスク

を教えてくれたことに

感謝すらしてくれます

 

 

 

このように、

 

 

八方美人をやめることは

 

「患者さんを選別する」

 

ことでもあります。

 

 

 

そしてなにより、

 

「感謝される」
「信頼される」

 

ことであり、

 

 

「一生おいしく食事をしたい」
「しっかりメンテナンスする」

 

 

ことですから、

そうした患者さんが増えていけば

必然的に安定した

経営となっていきます。

 

 

 

正しい経営をするには

信念を貫き、患者さんへの情報提供を

ひたすらに続けること。

 

そしてなにより、

「八方美人」のままでは

患者さんのお口の健康を

守ることはできない

のです!

 

 

 

 

めざせ!

ウザい歯医者!

 

 

ではまた!

 
 2019年4月23日 11時45分

この記事が面白かったら「Good!」

GOOD


関連記事一覧

初めての方はこちらのオススメ記事
ご覧ください

オススメ一覧はこちら