ポジデンメイン ポジデンメイン

現在の会員数 7126

初めての方はこちらのオススメ記事
ご覧ください

オススメ一覧はこちら

オススメ一覧はこちら

あなたの医院、「生きて」ますか? 患者さんを増やし、経営を安定させる唯一の方法とは?

これからも競争が激しくなるなかで、生き残る唯一の方法が「生きた医院」になること。「生きた医院」ってどんな医院?

120 2522
Written by
鶴岡 克人

 

 

 

 

さて、前回

 

 

 

歯科の増加数が
横ばいになっても
実は全く楽にならない!

 

 

というお話をしました。

 

 

増加こそしませんが、

周りの医院は確実に入れ替わります。

 

 

 

しかも!

 

 

しっかり「経営」を学んだ

若くてやる気マンマンのドクターに!

 

 

 

 

 

そんな厳しい環境でも

確実に成長し続けるには

必要なもの。

 

 

 

それは、

 

 

 

「患者さんとの接点」を

常にアップデートさせること

 

 

です。

 

 

 

 

実は、

繁盛している医院と

そうでない医院との

一番の違いはここにある

といっても過言ではありません。

 

 

 

 

「患者さんとの接点」とは、

 

 

 

 

患者さんの目に触れるもの

患者さんに語ること

患者さんに提供する情報

 

 

 

などなど。

 

 

 

これを変えるということは、

例えば、

 

 

  • 口頭での説明をやめ、解説図を見せる
  • 補綴物の説明に写真ではなく実物模型を使う
  • 待合室のポスターをスタッフ紹介ボードに変える
  • ユニフォームの色を変える
  • パウダールームのアメニティグッズを変える

 

 

 

など、考えたらキリがありませんね。

 

 

 

 

では、なぜ接点を変えることが重要なのか?

 

 

 

皆さんの多くは

 

口コミを増やす・予防患者を増やす・自費を増やす

 

ことを望んでいると思いますが、

これらはすなわち、

 

 

患者さんに行動を変えてもらうことです。

 

 

 

そして、

 

 

 

「行動を変えてもらうには、心を動かす必要がある」

 

 

 

 

そしてさらに、

 

 

 

 

 

 

人の心を動かすには

「接点」を変えるしかありません!

 

 

 

 

 

どんなにすばらしい考えを持ち、

どんなに誠実な気持ちで接しても、

 

伝わらなければ、それは「ない」のと同じこと。

 

 

 

人の心は変えるには、

 

 

「接点」を増やし、工夫をして
気持ちを伝える以外に方法はない

 

 

のです。

 

 

 

 

 

 

そして、競争が激しくなる中でも

経営を安定させるためには

 

 

 

 

常に「接点」をアップデートし続けること!

 

 

 

 

ビジネスを継続させる上での

最大のリスクは、

お客さんが

 

 

「マンネリ」を感じ、他に流出すること

 

 

です。

 

 

 

そう、

経営を安定させるのに

最も重要なのは

 

 

患者さんとの接点を

安定させないこと!

 

 

なのです。

 

 

このように

 

「生きた医院」になって
「新陳代謝」させる

 

 

ことこそが、

競争が激しい世界で生き残る

唯一の方法です。

 

 

 

 

 

さて実は、

今、皆さんの医院が

生きているかどうかは

一瞬にしてわかります。

 

 

 

それは、

 

 

 

最低でも、週に1回は「ミーティング」をしているか?

 

 

 

 

もししていないのであれば

確実に「死んで」います。

 

 

 

また、

 

 

「ミーティングはしてるけど、特に患者さんが増えたりしないんだけど…」

 

 

と、おっしゃる先生は、

それは、ひょっとすると

 

「ミーティング」

 

ではなく

 

「単なる打ち合わせ」

 

になっている可能性大。

 

 

 

そこで次回は、

医院が確実に「新陳代謝」するための

 

 

「生きたミーティング」

 

 

のコツをご紹介します!

 

 

ではまた!

 

 2019年7月9日 17時15分

この記事が面白かったら「Good!」

GOOD


関連記事一覧

初めての方はこちらのオススメ記事
ご覧ください

オススメ一覧はこちら