デンタルーペ 「本当にいい歯医者さん」とは?
その歯科選びの基準、本当に正しいですか?
皆さんの人生を左右する歯科選び

皆さんは歯科医院に何を求めていますか?

多くの方は、「痛いところを治してもらうこと」と答えるかもしれません。しかし、歯科医院は皆さんの人生にとって、とても大きな役割を担っています。それは人間が生きる上で、絶対に欠かせないこと。つまり「物をおいしく食べる」という行為を、死ぬまできちんと続けられるかどうか、それは選ぶ歯科医院によってまったく変わってきます。

一言に歯科医院といっても、それぞれの医院で大きく考え方が異なります。一番わかりやすい例でいうと、「人」を見て治療をしているか、「歯」だけを見て治療しているか。この違いによって、通院する患者さんの「食人生」が大きく変わってきます。

「歯」だけを見ている医院は、目の前の問題のある歯さえ治療してしまえば、患者さんの将来がどうなろうが気にしません。患者さんを「治療」するのではなく、問題のある歯を「修理」している感覚です。

一方、「人」を見ている医院は、問題のある歯だけでなく、その患者さんの人生をも深く考えています。患者さんに治療の種類や将来のリスクをできるだけ詳し く説明し、おっくうになりがちな定期健診に来てもらえるよう、一生懸命モチベーションを上げる工夫をし、さらにその方にあわせたコミュニケーションを図ろ うと治療以外のところでも様々な努力しているのです。

このように今、歯科医院は「患者さんの気持ち」を考えているか否かで、大きく二極化しています。これは何よりも皆さんにとって、大きなリスクがあることを意味します。つまり、選ぶ歯科医院によって、皆さんの「食べる」という人生の豊かさが大きく変わってしまうのです。では、いったいどうすればいい歯科を見分けられるのか?これからその方法をご説明したいと思います。

多くの患者さんに支持される医院の「共通点」とは?

皆さんにとっていい治療とは、「痛くない」「再発しない」「しっかりかめる」などいろいろな要素があると思います。ただ皆さんに知っておいてい ただきたいのは、こうした要素は手先の「技術」だけでなく、歯科医師の「患者さんに対する気持ち」のあり方によって大きく左右されるという事実です。

医師としての「器用さ=技術」の前に、人として「この人の役に立ちたい」という気持ちがなくては、いい治療は絶対にできないと断言できます。

デンタルーペの運営元である株式会社シーエイチアイでは「患者さんのための医院作り」を推進するため、全国で年間30回ほどの歯科医院向けセミナーを開催し、さらに何十という医院に実際に足を運んでいます。

そこで様々な医院と出会いますが「いつもたくさんの患者さんでにぎわっている医院」には、必ず「ある共通点」が存在することに気づきます。

それは、医師をはじめ、歯科衛生士・受付・助手などすべてのスタッフが、「今、目の前にいる患者さんがどんな気持ちでいるのか」を常に意識しながら行動しているということです。

「患者さんは怖がっていないだろうか?」「痛がっていないだろうか?」「何か不安はないだろうか?」

歯科治療は皆さんの想像以上に非常に複雑です。ちょっとした予想外の出来事で治療が長引いてしまうことも珍しくなく、そうなると簡単に予約時間にズレが生 じます。しかし、予約時間を守ることはとても大切なことではありますが、ここに意識が集中しすぎると、目の前の患者さんが「人」ではなく「歯」という単なる「処理の対象」になっていきます。こうした現実があるため、ドクターやスタッフが患者さんの気持ちを考える余裕が少しずつ無くなっていき、悪い病院にありがちな「偉そうで冷たい態度」になっていくのです。

このように、常に時間に追われる環境の中で、歯科医院が常に患者さんの気持ちを意識し続けることは、決して簡単なことではありません。つまり、患者さんの 「恐怖・不安」を理解してあげようとしている医院は、無意識にそうしているのではなく、患者さんを「人」としてみるのを忘れてしまわないよう、日ごろから ミーティングやトレーニングを重ね、医院全体で意識的に努力をしているのです。

そもそも「技術」は客観的に評価できない

「ドクターは『技術』さえあれば、気持ちなんてどうでもいい」
そんな風に思われる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、そもそも「治療技術は客観的に評価できるものではありません。」たとえば、「かぶせもの」の治療ひとつとっても、その良し悪しには、次のような要素が複雑に絡み合っています。

歯を削る技術・削る道具・型をとる材料・型を取る人の技術・型から模型を作る技術・「かぶせもの」を作る技工士の技術・「かぶせもの」の材質・「かぶせもの」を装着する技術・接着剤の種類・接着の下処理の方法、その他多数。

たった一つの「かぶせもの」でも、これだけのことが関係しています。さらには、医師によっても、治療に対する考え方は様々です。100人いれば 100通りの治療方法があり、どれがベストかは見方によっても変わってきます。ですから「技術」をもって歯科医院を評価することは、専門家でも不可能。ま して や、知識や歯科で従事したことのない一般の方々が「うわさ」「口コミ」だけで歯科医院選びをするのは大きな危険を伴います。

治療は「患者さんへの気持ち」で左右される

そこで唯一の判断のよりどころになるのは、やはり「患者さんに対する気持ち」があるかどうかです。

さきほど説明したように、治療には様々な要素が関係します。ですから、たとえばどんなにドクターが「削る」のが上手だったとしても、スタッフの誰かが、たったひとつの工程に気を抜いただけで、最高の治療結果を得ることはできません。

ドクターの技術も大切ですが、結果として良い治療をするためには、治療にかかわるすべてのスタッフが、単純なことでもおろそかにせず、ひとつ一つのことを「確実」「正確」に行うことが歯科治療ではとても重要なのです。

単純なことをおろそかにしないためには、常に「いい治療をしよう」という高い意識と心がけを持つことが必要になります。歯科治療は、日々時間に追われていて、ちょっと気を抜けば、単なる「処理すべき作業」となってしまいがちです。しかし、それでもスタッフ全員が「常に高いレベルを維持しよう」と思い続けられるとすれば、その 唯一無二のモチベーションは、医療の根幹である「患者さんへの強い気持ち」以外にその理由を見つけることはできません。

「患者さんの気持ち」を大切にする医院を見つけるポイント

このように歯科医院は、その居心地の良さから治療にいたるまで、「患者さんに対する気持ち」のあり方によって大きく左右されます。そこで、まず 皆さんに参考にしていただきたいのが、このデンタルーペで実際に採用している、医院の評価基準です。デンタルーペで評価されている医院はもちろん、皆さん が通院の候補に考えている歯科医院にこの基準を当てはめていただければ、いままで以上に高い確率でいい病院にめぐり会えるはずです。(デンタルーペの評価基準はこちら

デンタルーペで採用している評価基準は、医院がどれだけ「患者さんの気持ち」を考えているかを、患者さんの口コミだけに頼らず、医院が実際に行っている取組から「客観的」に把握できるよう考えられたものです。

「患者さんのことを考えているのであれば、必ずこういうことをしているはずだ」あるいは、「患者さんのことをしっかり考えていなければ、こんな面倒なこと はするはずない」といった院内の取組を積極的に評価し、さらに、客観性を持たせるため、はっきりと「やっている・やっていない」の白黒がつく項目にだけ限 定しています。

また、こうした項目は、しっかり患者さんの気持ちを理解しようと努力している医院であれば、きちんとクリアできるものであり、決してレベルの高いものでは ありません。しかし一方で、「俺は医者だから偉いんだ!」といった、自己中心的で「患者さん不在」の治療をしている医院、あるいは、「歯」だけをみて 「人」をみていない医院にとっては、とても難しく見えるものばかりになっています。

これまで「口コミ」だけが唯一といっていいほどの判断材料だった歯科医院選びにおいて、この基準はまったく新しい視点での歯科選びを提案するものです。も ちろん、デンタルーペでは患者さんの評価も大切にしていますが、こうした私たちの提案する新しい基準もあわせて考えていただくことで、より皆さんの「食人 生」を豊かにできると考えています。

デンタルーペが目指すもの

デンタルーペ上の評価については、常に中立公平であることを目指しています。評価を上げるために医院からお金をいただくようなことは一切なく、しっかり患者さんの気持ちを考えている医院であれば、どんな医院でも高評価の医院としてご紹介していきます。

私たちはこのデンタルーペを通して、患者さんがよりよい歯科医院とめぐり会えることを強く望んでいます。そして、歯科医師の皆さんにも「患者さんの気持ち」を考えることの大切さを改めて考えていただき、それが「患者さんのための医院作り」のきっかけとなって、ひいては歯科業界全体が変わることを切に願っています。

まだまだ改善の余地もたくさんあるデンタルーペですが、今後も患者さんや歯科関係者の皆さんのご意見を参考にさせていただきながら、より良いサイトに成長させていきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

歯科医院向けの取り組み
歯科医院ならびに関係者の皆様へ
歯科医院をお探しの患者様へ